離れ宿離れ宿

title.png




















living.pngliving.png

lounge.pnglounge.png

spa.pngspa.png

dining.pngdining.png

access.pngaccess.png

975C96F12028deleted2050acbdd7-2e55-3a59316929.jpg975C96F12028deleted2050acbdd7-2e55-3a59316929.jpg




DS_L7226.jpgDS_L7226.jpg

DS_L7345.jpgDS_L7345.jpg

DS_L7349.jpgDS_L7349.jpg

_MG_6102.JPG_MG_6102.JPG

離れ宿・秘湯巡り
源泉かけ流しを守り続けている内湯と、会津料理をお楽しみいただける気楽な離れ宿です。一人旅のお客様から、ご家族、ご夫婦、カップルの方まで、「静かでいい湯だった」とご好評をいただいております。雪景色を堪能する温泉宿、自然を満喫する温泉宿、大人のデザイン空間の宿、個性溢れる名泉質の宿など様々な観点からピックアップされた離れ宿家具などはすべて北欧製。地元産の木材を使用した宿の部屋からは裏磐梯が眺望できます。

「八重の桜」でおなじみの福島県にある離れ宿
新島八重の出身地、福島県会津若松市でもあり観光は福島・会津若松を見逃せません。会津観光の後、ゆっくりと離れ宿でくつろぎの時間をどうぞ。

その離れに一歩入ると静寂の世界
自然に包まれた温泉 益子義弘の贅を味わう

会津裏磐梯の豊かな自然に包まれた離れのある
「ホテリ・アアルト」は静寂の世界にある温泉宿。
なだらかな坂をあがっていくと堂々とした
大きな屋根を広げた構えの木造建物が出迎えてくれる。
専用扉を開け回廊をを通って隠れがの温泉離れ宿へ

もとは、築40年の山荘が
天然材をふんだんに使ったリノベーションにより
温もり溢れる居心地よい空間の温泉ホテル、離れ宿に
生まれ変わり、どこをみても贅の限りを尽くしたのだ。

離れ宿の客室へ入る。窓の外にはバルコニー
敷地内にある沼が広がり、それを望む南向きの
畳敷きのリビング四季によってちがった顔を見せる
この宿は客人を楽しませてくれることだろう。
磐梯朝日国立公園、会津裏磐梯の名勝地・五色沼の
木立を生かした庭は豊かな自然がしっとりと
温泉離れ宿をつつんで守っているように感じられる。

庭に魅了せられ、一歩外に出てみると
会津裏磐梯の自然の趣と、
益子義弘氏の奇抜さや派手さはないが、
一見日常的に見えて奥深いところで
非日常をつくり出している温泉、離れ宿。
建築がぴったりと合って、別世界を醸し出している。

「おもてなし」という言葉がある。
ホテリ・アアルトの世界はまさしく会津裏磐梯
もてなしのためにある。温泉離れ宿で
こうした会津の贅を味わうのも一興ではないか。

IMG_9351.jpg

_MG_6094.JPG

_MG_6126.JPG

_MG_6105.JPG
当 離れ宿は、外観をデザインし、
福島県産材を使用し、風、光など、気候の特徴を
建物の構造に活かしております。
また、内装には漆喰などを多用し、
自然系の接着剤を使用している離れ宿
廃湯を融雪に利用し、暖房を輻射熱式にし、
グリーン電力を使用しています。
離れ宿は、国立公園内にあることの
意味を受け止め、裏磐梯の環境への負荷軽減と、
自然資源の使用削減に努めています。

ホテリアアルト・離れ宿は本館と回廊で結ばれた
別館1棟のみの101号室。

バルコニーの着いた約16帖の畳敷きリビング
ツインのベッドルームに、源泉かけ流しの内風呂
備えた広さ約76㎡のワンフロアの会津裏磐梯の離れ宿
高床のため、見晴らしもよい。定員は1〜4名。

離れ宿の寝室には、ゆったりとセミダブルベッドが2つ並ぶ。
離れ宿が広々としたリビング。
掘りごたつ式の囲炉裏テーブルは、自然に人が集う場所。
源泉かけ流し温泉離れ宿101号室の窓の外には
バルコニーがあり、沼のある庭が広がる
会津の離れのある宿 ホテリ・アアルト。

北欧インテリアの「洋」
自然を敬う日本の心の「和」の会津裏磐梯の離れ宿

厳しい自然の中で豊かに暮らす
北欧インテリア「洋」と自然を敬う日本の心「和」
で会津裏磐梯の離れ宿で巨匠の心に触れる。
2009年の夏、裏磐梯に、東京芸術大学 美術学部名誉教授、
巨匠益子義弘氏を中心の同大学出身の建築家グループによって
離れ宿のある源泉かけ流し温泉の宿として建てられた。
これが「ホテリ・アアルト」である。
この温泉離れ宿は、天然材を使った木造づくり、
重厚な存在感があふれている。
かつて地元の人々が“天と地の架け橋=磐梯(いわはし)”と
名付けた、雄大で豊饒な自然と、
会津若松をはじめとする地元の伝統文化の和。
その中によくみると、北欧の自然や文化を学び、
またそのデザインが築く固有な世界の洋、
非常にうまく和と洋がとけあって
美しいハーモニーを作りだしている。
何とも不思議な離れ宿である。
すみずみに巨匠の思いやりと
やさしさが組み込まれているのがよくわかる。
それだけではなく、会津の温泉離れ宿ではいろいろな
文化的なイベントもおこなわれる。オーナーのアイデアだ。
たとえば、イルムスとコラボレーション。デンマークに本店がある
王室御用達の北欧デザインのセレクトショップILLUMS
期間限定でイルムスが4室、ホテリ・アアルトの部屋を
デザインするイベントや、ラトビア駐日大使をお迎えし、
ケイコ・ボルジュソンさんのコンサートなど。

と洋、伝統と新しさ。この対極にある美しさを
会津裏磐梯の離れ宿ホテリ・アアルトでは生みだしている。

975C96F12028deleted2050acbdd7-2e55-3a59316929.jpg975C96F12028deleted2050acbdd7-2e55-3a59316929.jpg